バッティングネットのベースボールパワー・硬式・軟式・ソフト用

バッティングネットのベースボールパワー・硬式・軟式・ソフト用

baseballpower(ベースボールパワー)は、千葉県を本拠地に、オリジナル野球練習器具や野球用品、DVD等の製作と販売を手がけています。Baseballpowerでは、バッティングネットを中心としたオリジナル野球練習用器具を製造しています。
 

悩みの多いバッティング練習

バッティングネットは、ご存じのようにバッティング練習用のネットです。野球に練習はつきものですが、チーム内の競争に勝ち、レギュラーの座をつかむためには、普段のチーム練習同様、個人練習も重要になってきます。
野球の練習において、バッティング練習は悩み多いものです。基本的にバッティング練習をするためには、ある程度の広さがあるスペースが必要です。さらにもう一点、球を投げてくれる人が必要です。
もちろん、解決策はあります。すぐに思いつくものとしては「バッティングセンター」でしょう。バッティングセンターに行けば確かにバッティングはできます。ただ、バッティングセンターはお金がかかります。毎日行くとなると、相当な出費を覚悟しなくてはなりません。
 

Baseballpowerの省スペースバッティングネット

個人で練習しようと思っても、野球の場合はなかなか難しいのが実情です。よほど恵まれた環境に住んでいる人以外、家の中でブンブンとバットを振り回すわけにはいかないでしょう。ただ、庭などのちょっとした屋外スペースをお持ちのご家庭であれば、素振りをするスペースぐらいはあるかもしれません。Baseballpowerのバッティングネットを使えば、スペースをあまりとらずに一人で練習ができます。
一昔前のバッティングネットは、「ただ網に向かって打ち込むだけ」と言ってもいいようなものが多かったのですが、現在、市販されているバッティングネットはひじょうに考えられていて、ひとり、もしくは誰かにサポートしてもらうことで、かなり内容の濃い練習ができるようになっています。
組立ても分解もらくらくで、ご自宅だけではなく、遠征やグランドへも持ち運びがかんたんなbaseballpowerのバッティングネットは、向上心あふれるすべてのベースボールプレーヤーの夢を叶えるサポートをします。
 

Baseballpowerバッティングネット

baseballpowerのバッティングネットは、硬式球と軟式球、ソフトボールに対応したコンパクトサイズの商品です。限られた練習スペースでも、硬式球を使ったティーバッティングを行うことが可能です。
ネットのサイズはBPBN-5002で120センチ×210センチと十分な大きさ。専用の収納ケースに入れると27センチ×82センチ、重さ約4キロと持ち運びらくらくのコンパクトサイズになります。ネットの下部は、マジックテープでフレームにかんたんに固定できるため組立てもかんたんです。
ネットに打ち込んだ打球は自動的にネットの下部分に集まるようになっているため、バッティング練習の効率もアップ。さらに別売りのピッチングターゲット(BPPT-6001)をネットに装着することで、キャッチャー無しのピッチング練習を可能にしました。試合会場が近くても、野球道具を持ち運ぶのはちょっとした作業ですが、コンパクトに収納可能なバッティングネットなら持ち運びらくらくです。
 
  • baseballpower バッティングネットBPBN-5001スペック
フレーム材質:FRP+複合鋼
サイズ:高さ約210センチ×幅約237センチ×奥行き約108センチ
重さ:約5.1キロ
付属品:収納バッグ、固定用杭
 
  • baseballpower バッティングネットBPBN-5002スペック
フレーム材質:FRP+複合鋼
サイズ:高さ約210センチ×幅約150センチ×奥行き約110センチ
重さ:約4.1キロ
付属品:収納バッグ、固定用杭
 

おすすめの商品

移動可能な大型バッティングネット 「baseballpower オリジナル」 です!
硬式、軟式M球、ソフトボール対応可能です。
従来のバッティングネットを改良して、コンパクトに持ち運び可能なので、ご自宅、グランド、遠征先でもご使用頂けます。 
組立、分解、らくらく!
ネットサイズ:2.1m×2.1m(ポケット付き)です。

   


Yahooショッピングでの購入はこちら

アマゾンでの購入はこちら